ふじあく光荘

◆支援センター ふじあく◆

居宅介護支援事業所とは・・・

 介護保険を利用して介護サービスを利用するためには、サービス計画書の作成が必要となります。 その際、在宅でサービスを受ける人に必要な計画書を「居宅サービス計画書」と言います。 計画書の作成は、利用する人自身や家族・関係者が作成することも可能です。
 しかし、多くの場合、計画書の作成代行は県が指定する事業所が、 利用者や家族からの作成依頼を受けて代理で作成しています。
 計画書作成を中心に利用者が自ら持てる力を最大に発揮できるよう、 「その人らしい生活を実現する」支援を行うのが居宅介護支援事業所の役割です。

画像

  特徴

 医療法人を母体とし、地域に根ざした医療の提供を法人の基本理念としています。 その理念に基づき、当支援センターは老人保健施設(訪問リハビリを有する)及び訪問介護・ 訪問看護に併設しており、総合的かつ包括的ケアサービスの提供に努めています。



主なサービス内容

  • 居宅サービス計画の支援
  • 経過観察及び再評価
  • 施設入所への支援
  • 居宅サービス計画の変更
  • 地域包括支援センターとの連携
  • 給付管理
  • 要介護認定等の申請に係る援助
上へ戻る



対象の方

 要介護認定の区分が、「要介護1」~「要介護5」に該当する方。



ご利用案内

受付時間月曜日~土曜日  8:15~17:15
休業日土曜日、日曜日、年末年始(12月31日~1月4日)
スタッフ 介護支援専門員3名(常勤専従 1名、常勤兼務 2名)
内訳
管理者兼務主任介護支援専門員 1名
主任介護支援専門員 1名
訪問看護ステーション 看護師兼務 1名
実施地域太田市及び大泉町
利用料金原則として利用者の自己負担はありませんが、遠隔地の訪問等で交通費相当の実費を頂く場合があります。



▼お問い合わせ

 老人保健施設 ふじあく光荘内にある事業所の事務所に来られるか、
 電話でご相談もお受けします。

 TEL:0276-20-6541(直) FAX:0276-32-5188



上へ戻る

TOPへ戻る